トイレの配管で水漏れが起きたときの修理方法

トイレ 水漏れは、給水管や排水管などの配管から水が漏れ出すこともあります。水漏れ箇所が分かれば、自分で修理することも可能です。その場合はバケツや手袋、ラバーカップ、レンチ、ドライバーなどの工具を準備してください。

■トイレの水漏れ修理前のチェック

修理する工具や道具を準備し、止水栓を閉めます。多くはタンクの横についていますが、ウォシュレットの場合は専用の止水栓もあるので確認してください。タンクの近くに止水栓がなければ、家の元栓を閉めます。
配管からの水漏れは、大きく3つの接続部分に分かれます。給水管と排水管、トイレタンクと便器、配水管とタンクを繋ぐ部分です。場所が特定できれば、ピンポイントで修理できます。被害を最小限に食い止められるので、まず水漏れ箇所をしっかり確認しましょう。


■トイレの水漏れ箇所による修理方法

給水管と排水管の間から水が漏れている場合は、パッキンの劣化が考えられます。タンク側の配水管と止水栓のナットを外し、パッキンを新しく交換すれば修理できます。タンクと便器の間から水漏れしている場合は、配管のナットかパッキンの劣化が原因であることが多いです。
ナットが緩んでいれば締め直し、ナットの緩みでなければ、タンクの水を抜き、ナットを外してパッキンを新しく交換します。配水管とタンクの間の水漏れもパッキンの劣化の可能性があります。ナットを緩めパッキンを新しく取り替えれば修理完了です。


■まとめ
トイレ 水漏れは、水が漏れている箇所を突き止めることが大事です。給水管や配水管の接続部分から水が漏れているのは、ナットの緩みやパッキンの劣化であることが多いので、工具や道具を用意していれば、自分で修理することが可能です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ