トイレの床や便器からの水漏れを修理する方法

トイレの水漏れは自分で修理が可能な場合と、業者に依頼するしかない場合があります。床や便器から漏水しているのは、かなり厄介なケースです。特に床は原因が特定しづらく、水漏れ箇所を確認するために便器を外すことがあり、トイレの交換が必要な場合もあります。

■トイレの床の水漏れ修理

まずは濡れている水を白タオルに吸引し、水が透明か、汚れているかを確認します。透明な水で水を流すと漏れ出すなら、タンクと便器の境目から水が漏れていると考えられます。どこから水漏れしているか確認し、ナットを締めるか、新しくパッキンを交換します。
それでも改善しなければ、業者に依頼するしかありません。汚れた水が便器と床の間から漏れているなら、便器がひび割れしている疑いがあります。


■トイレの便器の水漏れ修理

水が漏れているのが便器の周りなら、便器からの水漏れが考えられます。トイレタンクと便器の境目のパーツの劣化か、便器がひび割れしている可能性があります。水が漏れている箇所を確認し、トイレタンクと便器間のパーツであれば、新しく交換して修理することも可能です。
ただし、特殊な部品であれば、メーカーから取り寄せることが必要になります。便器のひび割れは、トイレの交換をする必要があり、専門業者に依頼するしかありません。



■まとめ
トイレを設置してからまだ年数が経っていないのに、床や便器の水漏れが発生する場合は、施工不良も考えられます。寒い冬でもないのに床に結露のような水漏れが起きるときは、設置するときに問題があった可能性があります。最初に施工した業者が、無償で修理を行ってくれる場合があるので連絡すると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ