トイレ・ウォシュレットの水漏れの原因と修理方法

トイレは水漏れのトラブルが起きやすい場所です。一番の原因は老朽化で、部品の劣化やパイプのひび割れなどで破損し、そこから水が漏れ出しています。トイレ 水漏れは一般的に自分で修理するのは難しいですが、業者に来てもらうまでにできることはしておきましょう。

■トイレタンクの水漏れの場合

タンクから水が漏れていることを発見したら、応急処置としてまず止水栓を閉めます。タンク内のボールタップなどのパーツが劣化しているなら、部品を交換すれば大丈夫です。水位線より水位が上なら、浮き球を持ち上げ、水が止まるならタンク内の水量、止まらなければボールタップの不具合が原因です。
水位線より水位が下ならレバーを回し、レバーが戻るならゴムフロート、戻らなければレバーの不具合が原因です。原因が分かれば自分で対処も可能ですが、対処法が分からない場合は業者に依頼しましょう。



■ウォシュレットトイレの水漏れの場合

タンクや接続部分から水漏れが起きることがあります。元栓が開き過ぎていないか確認し、開き過ぎでなければパッキンや本体の劣化、不具合が考えられます。パッキンの劣化なら新しく交換することで修理できます。
ウォシュレット本体の寿命は約10年とされ、10年以上経過しているなら、本体の劣化の可能性があります。ウォシュレットは電化製品であるため、下手に触ると水漏れから感電の危険性もあるので、コードやコンセントが水に濡れないように処置をして、業者に修理を依頼してください。


■まとめ
トイレ 水漏れを自分で修理する場合は止水栓を閉めてから、作業するようにしてください。水漏れの原因は老朽化によることが多いので、パーツ交換で済む場合は自分で対処できますが、本体の不具合であれば、プロの業者に依頼する方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ